積水ハウス新築住宅建築日記>●ユニットバスの耐久性

積水ハウスで新築の家を建築中です。

二階の工事も順調に進んでいることが確認でき、翌週もまた見に行
きました。

今度は一階部分の風呂の工事が始まっていました。

現在の風呂は、そのほとんどがユニット工法となっており、我が家
の風呂場も例外ではなく、床パネルや壁パネルを風呂場スペースに
組み立て、風呂場や脱衣場を造っていくスタイルです。

真新しいバスタブや床、鏡にシャワーセットなど、賃貸時代には前
入居者の人達が使っていた、いわゆる中古品ばかりを使用していた
ため、新品のユニットバスセットが私には眩しいばかりでした。

組み立て自体はバスタブと床を設置したら、壁面をパタパタと建て
ていき、パネルの継ぎ目をシリコンで埋めればバスルームとしては
完成です。

工事自体を見ていると、なんだか頼りなさそうですが、7年使用し
た今も、特にどこも不具合はなく、快適に使用できています。

ほぼ毎日使用していることを考えると、耐久性は十分だと思います。

ただ、パネルの目地や天井にカビが生えてしまい、カビキラーなど
で掃除を時々しています。

扉のパッキン付近もかなりカビが生え、パッキンごと交換してしま
いたい衝動に駆られています。

この辺りは、入浴後によく換気をして注意をしなければなりません。

給湯器も消耗品と聞きますが、今のところ快調です。

水回りは10年を目安にいろいろと不具合が出ると聞きますから、
これからメンテナンスが必要となる部分が出てくると重います。

当時を振り返ると、新築住宅は設備もキレイで気持ちいいなぁ、
と喜んだものです。

今でもその快適さは変わりありませんので、大切に使っていきたい
と思っています。

 

積水ハウス新築住宅建築日記

積水ハウス建築日記
●家を建てようと思った理由
●まずどこに住むのか?
●坪単価という土地相場
●難航する土地探し
●土地の購入をついに決断
●土地購入で燃え尽きる!?
●至れり尽くせりな住宅展示場
●積水ハウスの住宅展示場
●住友林業の住宅展示場
●セキスイハイムの住宅展示場
●積水ハウスの工場見学
●積水ハウスの見積書
●積水ハウスに建築を依頼
●ドキドキの地質調査
●リスクのある住宅ローン
●上手な価格交渉方法
●上手な住宅設備機器の選び方
●超便利!電動シャッター
●お風呂で失敗したところ
●トイレで失敗したところ
●階段設計の注意点
●様々な断熱方法の考え方
●照明機器選びのポイント
●カーテン選びに悩む日々
●納戸の壁紙選びに迷う自分
●子供部屋の問題
●憧れのガーデニング生活
●生まれて初めての地鎮祭体験
●念願のマイホームが着工
●基礎工事のチェックは入念に
●南ひな壇の土地は考えもの
●驚きの構造体組み上げ工事
●超速の外壁取り付け工事
●屋根の上からの眺めは最高
●新築工事は段取りが大切
●うるさい施主と思われよう
●玄関工事は大変な様子
●二階部分の進捗状況
●ユニットバスの耐久性
●職人さんに差し入れは必要?
●自宅兼仕事場の工事状況
●完成検査で仕上がりを確認
●新築住宅の引渡し
●究極の引越し費用節約術
●マイホームライフの始まり
●住み始めて一年目の感想
●災害に強い積水ハウス
●定期点検を受けた感想
●工業製品としての積水ハウス
●自分に合った住宅選びが大切

その他

リンク募集中