積水ハウス新築住宅建築日記>●うるさい施主と思われよう

積水ハウスで新築住宅を建築しています。

配線・配管関係の工事が完了し、いよいよ床面の工事にとりかかり
ました。

まずは床下部分に、断熱材の張り込まれた下地パネルが貼り付けら
れていきます。

隙間のないようにびっしりと断熱材が床下に貼られ、基礎部分から
の湿気や冷気を遮断する構造となっています。

その断熱材を貼り終え、フローリングである床板をすぐに貼るのか
と思いきや、その上に養生シートを貼り、キッチンをはじめとする
建具を組み付けてから、最後にフローリングの板を貼るようです。

その作業と平行して、壁面の立ち上げも行われていきます。

構造部材付けられている、メタルスタッドと呼ばれる、鉄製の角小
パイプに、断熱材を挟み込んでいるボードを取り付けていきます。

ボードの表面は湿気を抑えるために銀色のフィルムが張られており、
室内が何か特殊な工場や、宇宙船の船内のような雰囲気になってい
ました。

ただ、時々フィルムの破損している場所があり、そこは丁寧に補修
がしてありました。

さらに、フィルム部分に不用意に物を立て掛けていたりもしていま
した。

後で壁の石膏ボードを取り付ければ見えなくなる部分とは言え、あ
まり気持ちのよいものではないので、「破損させないように慎重に
作業をして欲しい」と、積水ハウスの営業マンに申し入れをしてお
きました。

積水ハウスの建物を実際に建築するのは、積水ハウスの完全子会社
のような建築会社が建築をします。

そのため、その現場作業員や現場監督に直接言うのではなく、上部
組織である、積水ハウス本体の営業マンに改善を申し入れた方が、
抜群に効果があります。

翌週に現場を見に行った時は、前回指摘した項目は全て改善されて
おり、本社からの力は絶大だと思った次第です。

こう書くと、なんだか告げ口をしているように思えますが、この先
永きに渡って住む自分の家です、疑問や不審に思った点は、どしど
し営業マンに進言していこうと思っていました。

そして、うるさい客だと思わせておけば、現場に緊張感が生まれ、
良い仕事をしてくれると思ったからということもあります。

そのような感じで、順調に壁も立ち上がり、各部屋の間取りがおぼ
ろげながら見えてきました。

この辺り年末を迎え、工事は新年からとなります。

寒い中、小うるさい施主の下、現場の方には感謝をしております。

どうか来年からの工事もよろしくお願いいたします。

 

積水ハウス新築住宅建築日記

積水ハウス建築日記
●家を建てようと思った理由
●まずどこに住むのか?
●坪単価という土地相場
●難航する土地探し
●土地の購入をついに決断
●土地購入で燃え尽きる!?
●至れり尽くせりな住宅展示場
●積水ハウスの住宅展示場
●住友林業の住宅展示場
●セキスイハイムの住宅展示場
●積水ハウスの工場見学
●積水ハウスの見積書
●積水ハウスに建築を依頼
●ドキドキの地質調査
●リスクのある住宅ローン
●上手な価格交渉方法
●上手な住宅設備機器の選び方
●超便利!電動シャッター
●お風呂で失敗したところ
●トイレで失敗したところ
●階段設計の注意点
●様々な断熱方法の考え方
●照明機器選びのポイント
●カーテン選びに悩む日々
●納戸の壁紙選びに迷う自分
●子供部屋の問題
●憧れのガーデニング生活
●生まれて初めての地鎮祭体験
●念願のマイホームが着工
●基礎工事のチェックは入念に
●南ひな壇の土地は考えもの
●驚きの構造体組み上げ工事
●超速の外壁取り付け工事
●屋根の上からの眺めは最高
●新築工事は段取りが大切
●うるさい施主と思われよう
●玄関工事は大変な様子
●二階部分の進捗状況
●ユニットバスの耐久性
●職人さんに差し入れは必要?
●自宅兼仕事場の工事状況
●完成検査で仕上がりを確認
●新築住宅の引渡し
●究極の引越し費用節約術
●マイホームライフの始まり
●住み始めて一年目の感想
●災害に強い積水ハウス
●定期点検を受けた感想
●工業製品としての積水ハウス
●自分に合った住宅選びが大切

その他

リンク募集中