積水ハウス新築住宅建築日記>●お風呂で失敗したところ

積水ハウスで家を設計しています。

住宅建築の中で必ずといっていいほど迷うのが、お風呂をどのよう
な大きさとグレードにするかということです。

その他に湯船の形や色、壁や床の材質、照明、オプションで乾燥機
能などを付ける、付けないなど、お風呂ひとつをとっても選択する
項目は多岐に渡ります。

展示場などを見ていると、とても豪華で、広いお風呂が付いている
場合がほとんどです。

一般的には、あの展示場のお風呂の7割位のものが、現実的にでき
るサイズとグレードだと思って間違いないでしょう。

我が家も標準グレードの大きさと、湯船などを選び、十分に満足し
ています。

ただ、浴室暖房乾燥機を勧められるままに設置したのですが、この
設備を使うことがほとんどなく、この設備だけは不要だと後から気
付きました。

乾燥などは、ドアや窓を開けていれば済みますし、暖房も、お湯張
り時に風呂釜の蓋を開けておけば温かくなり、いずれも不用な設備
となっています。

この点だけは事前によく研究して選択するべきだったと思っています。

ただ、意外に便利だと思ったのは脱衣場の天井に物干しハンガーを
吊るすことができるフックを取り付けたことです。

洗濯機のほぼ真上に取り付けてあるため、洗濯機から取り出した洗
濯物をそのまま干すことができ、とても重宝しているようです。

ただ、脱衣場の床をお風呂屋さんなどによくある、すだれ状の床に
したところ、天然素材のためか、湿気で早い段階から隅の方にカビ
が生えてしまい、これは失敗したと思いました。

湿気のある場所は、台所同様ビニールフロアが無難です。

何年後になるか分かりませんが、大規模なお風呂場の改装をする場
合は、脱衣所の床をキレイにしたいですね。

 

積水ハウス新築住宅建築日記

積水ハウス建築日記
●家を建てようと思った理由
●まずどこに住むのか?
●坪単価という土地相場
●難航する土地探し
●土地の購入をついに決断
●土地購入で燃え尽きる!?
●至れり尽くせりな住宅展示場
●積水ハウスの住宅展示場
●住友林業の住宅展示場
●セキスイハイムの住宅展示場
●積水ハウスの工場見学
●積水ハウスの見積書
●積水ハウスに建築を依頼
●ドキドキの地質調査
●リスクのある住宅ローン
●上手な価格交渉方法
●上手な住宅設備機器の選び方
●超便利!電動シャッター
●お風呂で失敗したところ
●トイレで失敗したところ
●階段設計の注意点
●様々な断熱方法の考え方
●照明機器選びのポイント
●カーテン選びに悩む日々
●納戸の壁紙選びに迷う自分
●子供部屋の問題
●憧れのガーデニング生活
●生まれて初めての地鎮祭体験
●念願のマイホームが着工
●基礎工事のチェックは入念に
●南ひな壇の土地は考えもの
●驚きの構造体組み上げ工事
●超速の外壁取り付け工事
●屋根の上からの眺めは最高
●新築工事は段取りが大切
●うるさい施主と思われよう
●玄関工事は大変な様子
●二階部分の進捗状況
●ユニットバスの耐久性
●職人さんに差し入れは必要?
●自宅兼仕事場の工事状況
●完成検査で仕上がりを確認
●新築住宅の引渡し
●究極の引越し費用節約術
●マイホームライフの始まり
●住み始めて一年目の感想
●災害に強い積水ハウス
●定期点検を受けた感想
●工業製品としての積水ハウス
●自分に合った住宅選びが大切

その他

リンク募集中