積水ハウス新築住宅建築日記>●坪単価という土地相場

先日に引き続き理想の土地探しは続いています。

今回はもっと新しい街にスポットを当て、土地探しをしてみること
にしました。

今回の街は規模も大きく、沢山の人が住んでいるニュータウン的な
場所でした。

電車の駅から1キロ圏内の土地を中心に探してみます。

商業施設やマンション・アパートもそれなりにあり、当時の住宅都
市機構の開発した土地が多数分譲中で、比較的広い土地が沢山あり
ました。

その中でも少し高台にある、緑道に面した土地があり、環境、近隣
施設などもとても魅力的な物件がありました。

早速物件を所有する不動産屋さんへ行ってみます。

今までは不動産屋に行く用事といえば、賃貸物件を借りる時に訪問
するくらいでしたから、自分が不動産(土地)を購入する立場とな
って訪問することになるなど思ってもみなかったので、なんとなく
緊張してしまいます。

不動産屋さんに入り、まずはその地区の物件情報を見せてもらいます。

先程見た土地が気になるということは一切言わず、それとなく先程
の物件を資料の中から探します。

そうしないと、その物件を欲しがっていると思われ、価格交渉で不利
になってしまうと考えたからです。

それとなくチェックしたその物件は、坪数が95坪と堂々たる広さ
(公団の土地はどれも面積が広い)で価格も堂々たるもので、とても
自分達が買える物件ではないことは明らかでした。

なんせ素人が突然土地探しを始めたばかりですから、おおよその広さ
加減とか相場などの知識は皆無でした。

広さはもとより、その地域の坪単価と呼ばれる相場を学習しなければ、
自分の気に入った土地が適正価格なのかどうかも分かりません。

そこで不動産情報誌などを集め、自分なりの相場観を勉強することに
なりました。

まだまだ棘の道は続きます。

ただ、あの頃は若く、苦になりませんでしたが、今やれと言われると
結構キツイものがあると思います。

 

積水ハウス新築住宅建築日記

積水ハウス建築日記
●家を建てようと思った理由
●まずどこに住むのか?
●坪単価という土地相場
●難航する土地探し
●土地の購入をついに決断
●土地購入で燃え尽きる!?
●至れり尽くせりな住宅展示場
●積水ハウスの住宅展示場
●住友林業の住宅展示場
●セキスイハイムの住宅展示場
●積水ハウスの工場見学
●積水ハウスの見積書
●積水ハウスに建築を依頼
●ドキドキの地質調査
●リスクのある住宅ローン
●上手な価格交渉方法
●上手な住宅設備機器の選び方
●超便利!電動シャッター
●お風呂で失敗したところ
●トイレで失敗したところ
●階段設計の注意点
●様々な断熱方法の考え方
●照明機器選びのポイント
●カーテン選びに悩む日々
●納戸の壁紙選びに迷う自分
●子供部屋の問題
●憧れのガーデニング生活
●生まれて初めての地鎮祭体験
●念願のマイホームが着工
●基礎工事のチェックは入念に
●南ひな壇の土地は考えもの
●驚きの構造体組み上げ工事
●超速の外壁取り付け工事
●屋根の上からの眺めは最高
●新築工事は段取りが大切
●うるさい施主と思われよう
●玄関工事は大変な様子
●二階部分の進捗状況
●ユニットバスの耐久性
●職人さんに差し入れは必要?
●自宅兼仕事場の工事状況
●完成検査で仕上がりを確認
●新築住宅の引渡し
●究極の引越し費用節約術
●マイホームライフの始まり
●住み始めて一年目の感想
●災害に強い積水ハウス
●定期点検を受けた感想
●工業製品としての積水ハウス
●自分に合った住宅選びが大切

その他

リンク募集中